永久脱毛の定義は新宿でのレーザー脱毛で実感出来る

永久脱毛というと、永久にムダ毛が生えてこないかのような印象を受けがちです。

永久脱毛という言葉の定義は諸説ありますが、アメリカの厚生労働省にあたるFDAの基準をあてはめて考えるのが一般的になっています。

レーザー脱毛を行ってから半年経過して、67%以上毛が減っている状態にすることが可能なレーザー脱毛マシンを永久脱毛が出来るマシンと定義しています。

7割弱の毛が減る状態を想像すると、レーザー脱毛の効果を感じることができるでしょう。

3割程度に減ったひげのケアはとても楽になります。

ひげは個人差が大きいとはいえ、現状から7割程度のひげの量が減ったと考えると、顔の雰囲気や印象が大きく変わるのが理解できるでしょう。

ひげ脱毛も毛周期にあわせてある程度通う覚悟が必要になります。

最初にどの程度の脱毛ケアを行うのか、どの程度の期間、どのくらいの予算をかけて行うのかを考え、無料カウンセリングなどで相談しながら脱毛計画をたてます。

新宿で仕事の帰りに立ち寄ることができるクリニックを探すには、営業時間の確認は必須です。

定期的に通うとはいえ、少し時間をあけて次のひげが生えるタイミングででかけることになりますから、忘れないようにスケジュール管理をしましょう。

きちんとレーザー脱毛をしておけば、半年後には7割は減るというのが目標になります。

新宿は主要駅で仕事帰りのサラリーマンが通いやすいサロンもあり便利です。

まずは無料カウンセリングで不明箇所なども含めて相談することからスタートです。

Posted in 脱毛を行う際に | 永久脱毛の定義は新宿でのレーザー脱毛で実感出来る はコメントを受け付けていません。