何故新宿でのレーザー脱毛を勧めるのか

レーザー脱毛のメリットは、医療機関で脱毛ケアを受けられるという点があります。

レーザー脱毛は強力なレーザーで脱毛を行うので、肌にやけどのような症状があらわれるリスクや、にきびのようなものができる可能性もあります。

肌リスクがあるのは、医療機関ではないサロンでも同様です。

医療機関の場合には、医療面での治療を受けることができます。

万が一何かがあっても、新宿の医療機関内で脱毛ケアを受けているということは、すぐに対処ができるということですから、安心感が違います。

エステ脱毛は光脱毛といって、レーザー脱毛に比較して照射パワーの弱い脱毛施術を行います。

医療ケアは医療機関でしかできないためです。

しかし男性のひげなどは毛も太く硬いですから、それではなかなか脱毛効果が出にくいのです。

そうすると手元で照射パワーを上げながら調節することになり、技術や経験が必要になってきます。

いきおい、やけどになってしまうというリスクもあがります。

万が一やけどになった場合、クリニックや病院ではすぐに薬が処方されます。

エステの場合には、提携先の皮膚科があればそちらに行くように指示されるでしょうが、なければ自分でまた別の皮膚科を探して通うということになり、二度手間になります。

そもそも皮膚科や整形外科が母体のクリニックの医療脱毛ならば、医療ケアも含めての脱毛施術ということになります。

肌が弱く、ひげそりで肌荒れをおこしがちな人は、新宿のクリニックでの医療レーザー脱毛が安心です。